FXの注文の方法は?

どうやって注文するの?

FXの基本的な注文方法は、大きく分けて"成行"と"指値"があります。

成行注文は、相場の動きを見ながら自分が売買したいと思った時に使う注文方法です。
ようするに、為替動向を見ながらその場で直ぐに注文する方法で、売買も成立しやすいです。
但し、相場は常に動いているため注文と約定のレートの差が生じてしまうこともあり、いくらで約定されたかは後にならないと判明はしません。

指値注文は、自分が売買したい価格を前もって決めて注文する、パソコンとにらめっこしている時間がない人には便利な方法です。
好きな価格で売買できるのはメリットだが、前もって価格を指定しているのでそのレートにならないと売買は成立しません。

その他に、ロスカットによく使われる"逆指値"注文方法もあります。
損失を自分の許容範囲で済ませる為に、ここまで下がったら売りというように前もって注文を設定しておくのを、逆指値注文と言います。
損失を小さくする為に使う上では、かなり重要な注文方法です。

注文の方法/FX比較 初心者投資入門エントリー一覧