FXと外貨預金を比較したら…

FXと外貨預金の比較してみると…

FXと通常の銀行を通して行う外貨預金を比較した場合、
FXのメリットとしては、

少ない元手で取引が可能
FXの最大の魅力の一つです。
FXでは、まず預けたお金は"証拠金"という形で担保として取り扱われます。
その証拠金に"レバレッジ"という倍率をかけて取引出来ます。
(勿論、レバレッジは1倍でも何ら問題はありません。)
高レバレッジで取引することにより、為替差損益も大きくなります。
(高利益も得られるが、高損失になる可能性もあるという事です。)

取引コストが安い
FX会社により手数料率はまちまちですが、外貨預金よりもはるかに安い手数料で取引を始めることが出来ます。

売りから入ることも可能
初めての方はちょっと戸惑うかもしれませんが、FXの場合は下落の局面でも利益を出すことが出来ます。

通常上昇局面の場合、簡単に言うと、
1ドル100円の場合、100円で1万通貨買って105円で決済すれば、単純計算で5万円の利益が出ます。
値下がりの状況で利益が出るということは、
100円で1万通貨を売って95円で買い戻しても5万円の利益が出ます。
但し、日本の金利が他より低い現状では、スワップ金利が差し引かれコストが割高になる可能性も高いので、長期でというよりも短期で勝負した方がよさそうです。
それに、初心者がいきなり売りから入った場合、通常と逆の取引方法を行うわけですから自分の位置がわからなくなる可能性もあるため、ある程度慣れてから行う方がいいと思います。

24時間取引が可能

世界の基軸通貨としての米ドルとの取引が主だが、取引通貨は多い

FXと外貨預金の比較/FX比較 初心者投資入門エントリー一覧